舞台:笑う男@梅田芸術劇場

5/18 17:30開演

1階後方、センターブロックで観劇。

 

f:id:tomo_om:20190519204633j:image

 

音楽が美しい。

少し物悲しいのがいい。

同じ作曲者のスカーレット・ピンパーネルも好き。

フランク・ワイルドホーンが好みなのだろうか。

 

指揮者が割と激しい人で時々目に入った。

 

主役・グインプレンの浦井健治は初めて観る。

高めの声でアイドル的な第一印象だったけれど

低音や、怒りの表現に迫力がありよかった。

甘い声で好み。

早速iTunesホール・ニュー・ワールドをダウンロード。

  

デアは夢咲ねねの出演回。

かわいいは正義

 

目当てはジョシアナ公爵役の朝夏まなと

彼女の芝居はタカラヅカの男役時代から好き。

性別や身分にとらわれない一人の「人間」を表現するのが上手いと感じる。

 

目を引いたのはフィーヴィー役の宇月颯。

その前に貴族役でも出ていて、すぐに目がいった。

あまり背が高い印象はなかったのだが

女性の出演者の中では大きい方だった。

 

リトル・グインプレン=下之園嵐史の大千秋楽。

カーテンコールでの挨拶

「ありがとうございました」の一言だったが

かわいらしかった。

 

ハイライト・ライヴ録音盤のCDを予約。

発売が楽しみ。