万博記念公園/国立民族学博物館/驚異と怪異/レストラン みんぱく

f:id:tomo_om:20191113220028j:plain

 

久しぶりに万博記念公園へ。

子供の頃は怖かった太陽の塔

いつの間にか好きになっていたなあ。

よく見ると愛嬌があるよ。

 

 

目当ての前に腹ごしらえ。

国立民族学博物館内にあるレストランみんぱくへ。

席はゆったりあるけれど

並んでいる人が多く結構待った。

 

f:id:tomo_om:20191113220102j:plain

 

 

ガイトートランチはスパイスが本格的。

 

 

f:id:tomo_om:20191113220105j:plain

 

マッサマンカレーランチ。

 

ガイトートランチのご飯もタイ米なので

慣れない食感が食べづらかったけれど

カレーを分けてもらって美味しくいただいた。

 

 

目的その1は特別展の『驚異と怪異―想像界の生きものたち』。

 

f:id:tomo_om:20191113220116j:plain

 

想像上の生き物ということで入り口から種々のドラゴンの展示。

これは撮影OKスペース。

 

鬼や河童、人魚のミイラなど怪しいものがたくさん。

猫鬼の頭蓋骨なんてものもあって

修行の成果によって角の数が違うらしい!

 

ヴンダーカンマーのコーナーもあって嬉しい。

 

暗室では音の展示。

その隣では種明かしとおもしろい企画も。

 

図録がよく出来ているので買うか迷っている。

会場の怪しさが写真だと薄れてしまうので悩み中。

 

 

目的その2は国立民族学博物館の常設展。

何度か訪れているけれど

大分昔のことで記憶が薄く。

最近民俗学に興味が出てきたのでとても楽しみ。

 

展示量も多い上、広いので見応えたっぷり。

休日でも混雑しないところも好き。

 

f:id:tomo_om:20191113222437j:plain

 

ゲルがあるのは記憶していたけれど

ソーラーパネル+パラボラアンテナ付きに

アップデートされていた。

 

 

f:id:tomo_om:20191113220223j:plain

 

手前はチノー族という少数民族の服。

一等かわいい!!!

他にも素敵な民族衣装がたくさん展示されていて

一度では見きれなかったのが残念。