万博記念公園/生命の樹/EXPOCITY/金子半之助

f:id:tomo_om:20191113222800j:plain

 

国立民族博物館を堪能した後は太陽の塔へ向かう。

目的その3、予約していた内部見学へ。

 

黒い太陽の右手から地下に潜り受付を済ませる。

思い立って予約をしたが休日は満員の時間が多く

人気に驚いた。

 

f:id:tomo_om:20191113222815j:plain

 

地底の太陽にはプロジェクトマッピングが投影されていた。

本物は紛失ということで、これはレプリカらしい。

 

そして待望の生命の樹

 

f:id:tomo_om:20191113222836j:plain

 

カメラを使えるのは一番下のフロアのみ。

上はずっと吹き抜けなので

危険なものは全てカバンにしまって見学。

 

写真で見るとサイケデリックな印象だけれど

実際は温かみがあり落ち着く。

 

足元には原生類。

そして三葉虫、魚類、両生類、爬虫類、哺乳類と

樹に沿って進化の過程を登っていく。

 

壁は音を反響させるために突起がある。

太陽の塔の補強工事の際、一度全て取り外し

外壁のコンクリートを分厚くした上で再び取り付けたらしい。

大変な作業だと感心。

 

予約すればエレベータを使えるが

全てのフロアを回るには階段を使うしかない。

見学しつつのんびり登るので意外に疲れなかった。

 

樹の上のオブジェは万博当時のものと

再現したもの両方があり、よく見ると質感が違う。

ロボットもあり、以前は動いていたという。

 

特に一見の価値があるのは腕の部分。

大屋根に出るための通路があった場所。

異次元への扉が開いているのかと思った。

 

そもそも太陽の塔が大屋根に人を運ぶ

エスカレーター用の建物だと知って衝撃。

万博当時はたくさんの人が塔の中へ吸い込まれては

吐き出されていくような光景が見られたのかな。

 

帰りは非常階段をひたすら下る。

建設当時の写真が展示されていた。

 

地下にはショップ。

震える太陽の塔のぬいぐるみが気になった。

何故作った?というシュールさである。

 

 

f:id:tomo_om:20191113223450j:plain

 

これは国立民族博物館の企画展

「アルテ・ポプラル――メキシコの造形表現のいま」

に展示されていた生命の木。

 

太陽の塔生命の樹はいわゆる系統樹

こちらはキリスト教由来。

表すものは違うけれども、似た雰囲気を感じる。

 

 

f:id:tomo_om:20191113222952j:plain

 

エキスポシティの金子半之助で夕食。

先日東京で天丼を食べそびれたのでリベンジ。

以前食べた穴子がおいしかったのに、メニューから消えていてショック。

 

 

f:id:tomo_om:20191113223001j:plain

 

ガンダムを横目で見つつバスの時間が迫っていたので撤退。

 

 

f:id:tomo_om:20191105220837j:plain

 

レーザーを放つ太陽の塔は強そう。