進々堂 京大北門前/京都大学総合博物館 /地の宝 II 比企鉱物標本

京都大学総合博物館で鉱物の特別展があったので

京阪に乗って出町柳へ。

 

f:id:tomo_om:20191114213300j:plain

 

ひとまず昼食、進々堂大北門前へ。

レトロな建物が素敵。

店内は撮影禁止。

 

カレーパンセットを注文。

カレーパン・セットではなく

カレー+パンのセット。

 

カレーは学食で出てくるような懐かしい味。

バターロールを食べたのは久しぶりかも。

 

 

目当ての比企鉱物標本を見に行く。

ホームカミングデーのため無料でラッキー。


f:id:tomo_om:20191114213044j:plain

 

巨大で見事な輝安鉱の標本。

 

 

f:id:tomo_om:20191114213132j:plain

 

これも輝安鉱。

ミネラルショーでも探しているけれど

ここまで立派な標本はもう手に入らないからなあ。

あったとしても値段的に買えないけれど。

 

 

f:id:tomo_om:20191119225214j:plain

 

什器も雰囲気があってよい。

 

 

f:id:tomo_om:20191114213152j:plain

 

常設展にはレトロな測定機器がたくさんあって

おもしろかった。

これはトランシット。

 

 

f:id:tomo_om:20191114213212j:plain

 

これは埴輪。

埴輪のイメージが完全に変わった。

知らないことがたくさんある。

 

 

f:id:tomo_om:20191119225123j:plain

 

建物の中にランビルの森の模型がある。

ここでのんびりしたいなあ。