舞台:ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』

梅田芸術劇場で観劇。

デロリス=朝夏まなと/カーティス=今拓哉の回を選択。

 

映画版はテレビで見かけたことがあるなーくらいの認識。

なので何でデロリスが修道院にいたのかやっと理解した。

 

派手なオーディションのシーンから始まって一転殺人現場へ。

コミカルな警察署を経て陰気な修道院

場面がコロコロ変わるので飽きない。

 

シスターたちは歌が下手という設定なので、聖歌隊としては音痴な体で歌う。

それがバックコーラスになると突然上手くなるのでメタ的におもしろかった。

 

しかし人種の違い、異性装、他宗教に対する態度など

昔はおもしろいで済まされていたことが

今ではデリケートな問題になっているので少しヒヤリとした。

 

問題は爽快に解決し

対立していた人々は和解し

ある人は新たな選択肢を見つける。

 

聖歌隊の歌も聞きごたえがあるし

どんどん派手になるステージは盛り上がった。

パウロもせり上がるわけだ。

 

観てよかったと思える舞台だった。